スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落語が大好きな私が、特に好きな話に「時蕎麦」という話がある。
話の内容は、落語好きなら有名な話で、勘定をごまかすのを「時蕎麦詐欺」というくらい有名なはなしです。
落語の本でその「時蕎麦」を読んでいたときの枕(本題に入る前にする小話)に、人の好みというものは、色々あって理解できないという話があった。
刺身には、普通醤油だが、自分はジャムを付けて食べてみたいだとか、他人には理解できない好みの話がおもしろおかしく描かれていた。

さて、本題はACミランのオフィシャルワインです。
これは弊社が契約している名門の醸造所、イタリアスクリマリオ社が作っている物で、ミランのオフィシャルマークが入っており(版権はワーナーブラザースが持っている)、公式なACミランのワインであるという認定がしてあります。

ワインは、赤がモンフェラートロッソ(バルベラ、メルロー、ネッビオーロなどの混醸)の辛口
白がシャルドネの辛口、
スパークリング(ピノ・ノアール、シャルドネ、モスカートも入ってるかも?)の中甘口
の3種類です。確かに中身はそこそこ良いですが・・・

080415_175744.jpg


3月の展示会で出品したところ、未だ品物が届いていないこともあって、見本を見ることが出来るだけで味見は一切出来ないにもかかわらず、20代後半から30代の男性が、「ミランのワインなら是非欲しい!」と次々に予約をいれていった。
でも、このワイン、弊社の規定の一種類6本単位で購入すると10万円以上になるんです。
でも、平気で3種類買う人が結構居るんです。ファンなら最低でも、1種類は予約していきます。
赤5600円、白5200円、スパークリングは6500円です。
私なんか絶対買わないなあって思いますが、これがゴジラとかウルトラマンの公式ワインなら、買わないとは言わないでしょう!というより絶対買います!
これが嗜好の違いって物なんでしょうね。
沢山のミランサポーターに買ってもらえるとウレシイです。
スポンサーサイト
2008年04月23日 23:49 | ワイン | コメント:0 | Top↑
先日、ワインをお届けしているお得様のお店で、珍しい物を食べた。
食材自体は珍しくないのだが、珍しいのは食べ方である。
食材は筍、「京都府乙訓郡産」、(おとくにぐんと読む)知らなかったが有名な筍の産地らしい。
食べ方は「生」、刺身である。
コミック「美味しんぼ」などでも、筍の刺身は紹介されているが、実際に食べたことは無かった。

080417_184925.jpg


見た目普通の筍です。
この筍の皮の、白くて柔らかい部分から食べてみた。
産毛が生えている部分は白くてもえぐみあるが
ツルツルした白い部分を、何も付けず、素材の味を確かめてみる。
見た目はポテトチップス。
食べて驚いた!筍の香りはするが、筍くさくない!

080417_185028.jpg


かすかに甘みを感じる。
「うまい!!」と叫んでしまった。
筍は、どちらかというと好んで食べるって事がない野菜のひとつだった。
「美味しんぼ」をよんだ時も、「ふう?ん、筍の刺身ねぇ・・」程度のものだったくらい、あんまり好きな食材では無かった。それを後悔させる味である。

次に美味しい塩を少し降って食べてみる。
筍の甘さが引き立ち、さらに旨みを感じる。美味しい筍の味がする。
新鮮な若い筍の味というものか・・表現が巧くできない。とにかく美味しい。

そして、先の部分と下の部分を薄切りにして食べる。
先は柔らかく、下の丸い部分はかりかりとした歯触りで美味しい。
渋みやえぐみは全くない。

080417_185712.jpg


最後に同じ部分を軽くあぶって食べる。
わさび醤油が美味しいらしいが、塩でもいける。

以前親戚の家が竹林の中にあったので、筍堀りには行ったことがある。
朝早く起こされ(確か5時頃)眠いのに竹林へ連れて行かれた。
筍掘りといっても、子供の頃のことで何も出来るはずも無く、
大人達が掘るのをただ見ていただけであった。

あちこちに筍が頭を出している。
筍が「いっぱいあるよ!」と大喜びの私。
しかし親戚の大人達は、それには目もくれず、
「ここだ!」とか良いながら鍬でざくざく掘っていく、すると本当に筍が出てくる。
宝探しみたいでなんだか楽しかった。

しかしというか当然というか、刺身ではなく茹でた物をたべさせられた。
その頃の印象は、筍堀りは楽しかったけど食べるのは・・・であった。
今年で50歳になるのだが、筍の美味しさが分かるようになったのは、
子供の味覚から大人の味覚へ成長したと言うことだろうか。

何の前触れもなくブログ再開します、というより、本来気まぐれな性格なので、今まで書かなかったのも何の理由もなかったんですけど^^;

で・・、最近凝ってる事がハム造りです。
スーパーで肉の安売りをやっているときに、塊で肩ロースやモモを買ってきて作っています。
とても簡単なハムなのですが、市販の物より添加物もなく安全で美味しいので紹介します。

材料
豚肩ロース、モモなどのブロック肉

調味料:
塩、砂糖2対1,5(好みによって砂糖の量を増減します)ブラックペッパー、セージ、タイムなど好きなハーブやスパイス。

作り方
調味料を混ぜ合わせ肉にまぶします。ザルなどに肉を入れ、それをボールに入れて肉汁が落ちるようにします。
冷蔵庫で数日(2?4日)おいて凧糸でハム風に縛り、85?90度くらいの沸騰させない程度の温度で40分ほど茹でます。
そのまま火を止め、冷めるまで放置します。
冷めたら冷蔵庫で保存。10日くらいは美味しく食べられます。

参考:
肉の内部の温度を80度くらいに保ちたいので、肉に突き刺して計る温度計があれば便利です。
調理道具のコーナーで時々売っています。
2008年04月12日 10:53 | オリジナル料理 | コメント:2 | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。