スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前にパンチェッタの作り方は紹介しましたが、日持ちしないタイプの物でした。
今回は長期熟成(一ヶ月くらいです)を行うタイプの作り方を紹介します。
味も香りもひと味違うパンチェッタです。
材料や調味料は以前に紹介した物と同じです。その後がちょっと違います。


材料:
豚バラブロック肉ひと塊
(パックで売ってるので量が違うと思いますが、安いときに1パック買っちゃいましょう)
塩、胡椒、砂糖、タイム、セージ、オレガノなど家にあるハーブ

作り方:
塩大さじ5?6、砂糖大さじ3?5位、胡椒、ハーブ類は適宜(全部をよく混ぜる)量は肉の大きさによりますが、肉全体を薄く包める位が良いです。(塩が少ないと青カビなどが生えることがあります)
これを肉にまんべんなくまぶし、ザルに入れてボールに入れ、ラップなどで覆って一日冷蔵庫で数日おく。
肉汁が溜まってくるので、肉を裏返して全体に肉汁が回るようにする。
この作業を一週間くらい繰り返す。
長く繰り返すほど熟成できるが早く食べたいときは一週間くらいで十分美味しいのが出来ます。

肉を取り出してザルにあげてボウルに入れ、これからは肉汁が落ちるようにしていく。
それから一週間くらいで使えるようになるが、ラップで包んで冷蔵庫で一ヶ月以上熟成させると風味が増して来る。


参考
家では熟成させながら少しずつ使っていきます。先日作ったのはもう半分使っちゃいました。

数ヶ月経過すると表面が硬くなり、風味が強くなります。生ハムのように白いカビが生えてくることもあります。
そうなってくると、風味が強くなってくるので少量でも味を主張するようになります。

熟成させたパンチェッタをフライパンでパンチェッタをソテーしてみると、脂身の部分が透明に輝いてきます。一番好きな味になってきたしるしです。

熟成の状態でそれぞれ味の好みもあるので、使いながら気に入った味の時に使い切るようにしましょう。
スポンサーサイト
2009年03月21日 08:16 | パンチェッタ料理 | コメント:10 | Top↑
3月初めに漬け込んでおいたパンチェッタが食べ頃になってきたので、色々な料理に使い始めています。
今朝はお得意先の社長さんから頂いた手取りの新鮮卵(黄身が黄身じゃなくてオレンジ色なんです、一個一個自分で選んだ卵を容器に詰めて持って来れるらしいです、美味しそう)を使って、パンチェッタエッグ(ハムエッグのハムをパンチェッタに代えたもの)を作りました。
それと、冷凍庫にあったインゲンとブロッコリーを使って、パンチェッタと豆乳のスープを作ったのですが、最近忘れっぽいので(年のせいです汗)作り方忘れないうちにブログに書くことにしました。



パンチェッタエッグ

材料:二人分
パンチェッタ2分の枚(薄切りで幅5?前後)、卵2個、付け合わせの野菜適当に。

作り方:
パンチェッタは細かく刻み、テフロン加工のフライパンで油が出るまで弱火で炒める。
油が出て、パンチェッタがかりかりになってきたら、パンチェッタをリング状に並べる。
考古学に詳しい方はストーンヘンジを思い出していただくと良いですね(そんなもの思い出すまでもないですけど)

並べたパンチェッタの上から卵を落として軽く胡椒をし、蓋をする。
黄身が適度な硬さになったらできあがり。(家はレアに近いのが好き)

2009032009180000.jpg


冷蔵庫にあった野菜を添えてできあがりです。
写真の撮り方がへたなので、美味しそうに見えないけど・・・・
パンチェッタの油でカリッと焼けた卵が美味しいです。

目玉焼きでもそうなんですが、卵はやっぱりレアに焼けてる方が好きです。
卵が固まってしまってると、とてもガッカリして一日が暗い気分になります(嘘です)
今日は美味く焼けました!
とろっとした黄身を熱いご飯に乗せて食べると美味しいです!
でも、それはお好みでどうぞ。


参考:
パンチェッタは塩分が強いので、細かく刻んで少量で使う方がいいです。
それでも十分風味が出ます。

卵を溶き卵に代えれば、パンチェッタオムレツになります。
この場合は、かりかりのパンチェッタを卵で包むようにして混ぜ込んでいきます。
そして形を整えればできあがりです(昨日のお弁当のおかずでした)


パンチェッタと豆乳のスープ

材料:二人分
冷凍インゲン6本、冷凍ブロッコリー3個、パンチェッタ薄切り幅2?くらい、豆乳100cc、月桂樹1枚、ローズマリー4分の1本、固形コンソメ2分の1個、胡椒少々

作り方:
200ccの水に固形コンソメと月桂樹を入れて沸騰させインゲンとブロッコリーを凍ったまま入れて煮る。
パンチェッタは細かく刻んでフライパンで油が出るまで炒めておく。

野菜に火が通ったら月桂樹を取り出し、インゲンとブロッコリーをミキサーで細かくする。スープも入れてさらに細かくする。
それを鍋に戻し、豆乳とローズマリー、パンチェッタを入れて暖め、胡椒で味を調える。味が薄ければ塩を加えて好みの味にする。

5?6分で出来るので朝食には便利です。
すぐ食べちゃったから写真はありません(汗)

参考:
ローズマリーも風味が強いので、最後に香りを着けるくらいにするといいので、後から入れましたが、
香りが好きな方は、コンソメで煮る段階で入れても良いでしょう。

パンチェッタは美味しい油が沢山出ますが、しつこいのが嫌な人やダイエットしている方はパンチェッタだけを取り出して鍋にいれて下さい。

それと、豆乳が無ければ牛乳でも構わないです、たまたま豆乳しかなかったので豆乳にしました。
水や豆乳の分量は適当です。味を見ながら適当に加減してください。

冷凍野菜は既に茹でてあるものを冷凍にしてありますから、火が通ればできあがりで、朝忙しいときには便利です。
2009年03月20日 10:44 | パンチェッタ料理 | コメント:0 | Top↑
まさか久しぶりの更新が、こんな記事になるとは思いませんでした。

最近ニュースで話題になっている、鹿児島県阿久根市の市長が職員の給与をブログで公開しているという話です。
賛否両論はあるものの、全国的な話題になっているようでした。

ただ、高校を卒業して進学のため上京し、30年以上も離れている(殆ど帰郷したことがなく、今まで5回くらいしか帰っていない)ので話を聞いても「へぇ?そうなんだ?」くらいにしか思っていませんでした。
ところが先日、スーパーモーニングという番組でこの話題を取り上げていたとき、市長のインタビューが放送されました。
竹原信一?どこかで聞いたような名前だなあ・・・・元世界チャンピオン?竹原慎二?兄貴?ちがうか?(ものいい風に)
これをたまたま出勤前に見たとき、なにか心に引っかかる物がありました。

その思いを引きずりつつ会社に行きましたが、どうしても確かめたい事があって帰宅してからすぐに高校の卒業アルバムを引っ張り出してみました。
「あ!あいつだ!竹原君だ!」1年5組で一緒だった竹原信一君、それが今話題の市長その人でした。彼の下の名前はうろ覚えだったので、アルバムで確認したかったんです。

中学が別だったので(多分彼は三笠中だと思います)彼の高校時代の印象は、「変態」ってクラスの男子に冷やかされていた記憶です。

高校生くらいの時期には、ちょっと変わったことをすると「変態」とかすぐ言われるので、彼が本当に変な奴だったということではないと思います。
ただ、その様子を見ていて彼がどういう変態なのかに、ちょっと興味はありましたが聞く機会はありませんでした。

彼は、「変態」といわれるとちょっとうつむいてニタニタしていた記憶があります。
市長のインタビューを見ていて、ちょっとニタニタしているその表情が心に引っかかっていたんです。
それが、30年以上前にみた竹原君の表情そのものでした!

確かに今も「変人」といわれているようですが、それも市民のため財政建て直しのため頑張っている彼なりの理論があっての行動がそういわれているだけだと思います。
結果的に市民の為になれば、変人だろうが変態だろうが構わないと思ってるのではないでしょうか。

政治家は結果が全てですから。
高校時代、「変態」と言われているときも、特に反論するでもなくいつもニタニタしていました。

といっても、彼と話をした記憶はありません。
彼と話をしなかったのは、仲良くないとかではなく、ただ私がクラスの男子に興味が無かっただけだからです。
高校生くらいの男の子の関心の対象は、殆どが女子ですから。

彼に限らず、クラスの男子とは会話を交わすことはありませんでした。
記憶では、多分二人くらいの男子としかまともに話をしていません。

何故か同じクラスにいた彼の姉とは話したことがあります、女子だからです。

いずれにしても、賛否両論ありますが、私は彼を応援したいと思います。
税金の行方を知るのは市民の権利です。
公開の方法が云々いわれていますが、ブログ書いてる私からすると今風で良いんじゃないかと思っています。
色々調べると、応援する人が沢山居るようです。

今度帰郷したときに、竹原君が市長になってから良い街になったなあって思える行政を期待しています。

「がんばれ竹原君!!」(これってなんか、がんばれタブチ君っぽいかなぁ・・・)
2009年03月08日 07:34 | 未分類 | コメント:0 | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。