スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一月ほど実家に帰っていた妻がおみやげだといってバッグがら取り出したのが、まずは吾左右衛門寿司、定番のおみやげである。その日の朝食に食べたが、いつもながら美味しい(妻は夜行バスで帰って来るので朝帰りになる)

その次に取り出したのが話題のご当地カレー「鬼太郎の好きなビーフカレー」であった。

これは、あるテレビ局でギャル曽根に47都道府県の名物レトルトカレーを全部試食させ、その順位を決めた物である。
三重県の松阪牛カレーや、宮崎のマンゴーカレーなどの強豪を押しのけて1位になったのがこのカレーだ!
2008120910180001.jpg

材料としてご当地っぽいのは、鳥取県産和牛が使ってあるくらいであとは割りとありきたりな材料しかご使ってないカレーだ。
作り方も普通のレトルトカレーと同じで、4?5分熱湯で茹でるだけ。

期待をしながら食べてみると、想像とはちょっと違うが美味いし具も大きめ食べ応えがある。
こだわりの鳥取和牛と野菜をじっくり煮込んだらしい。
野菜の甘みと和牛のエキスでこくもある。

でも、このカレーしか食べていないので、どの点が松阪牛カレーやマンゴーカレーを押しのけたのかが分からなかった。
これは鬼太郎の妖力なのか!?それともギャル曽根の好みに合ったカレーだったのか?

やっぱり実際に食べ比べないと批評は出来ないものです。
都内で、ご当地カレーを多くの種類売っている店ってないものかと思う私でした。
スポンサーサイト
2008年12月11日 21:39 | その他 | コメント:1 | Top↑

管理者だけに観覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。