FC2ブログ
今日2種類のワインを飲み比べました。いずれも抜栓後4日目のワインです。
火曜日に抜栓して一度テイステイングしたものですが、変化をみるために4日待ってみました。

★サーロ・エローロ・パキーノ2004 
生産者:ルディーニ家 
生産地:イタリア、シチリア島
葡萄品種:ネーロ・ダヴォラ
ランク:DOC

500年続く名門ルディーニ家で、特別に醸造されたスーパーシチリアワイン。

感想:
シチリアの太陽をいっぱいに浴びた、フルーティーな甘みとコク。
初日より、タンニンがまろやかで平坦になった感じ。 
それなりにうまい。
飲み頃は2010?2015年くらいか(又は抜栓4日後)
         

★タントラ2001 
生産者:スクリマリオ社 
生産地:イタリア、ピエモンテ州
葡萄品種:バルベラ、カベルネ・ソーヴィニオン
ランク:DOC

初ヴィンテージは1998年、99年物は2002年ロンドンで行われたインターナショナルワインチャレンジで、10237本の中から最優秀賞(トロフィー)を受賞した唯一のイタリアワイン。
タントラとは、密教用語で二つの物を融合させ、さらに上の位に行くという意味。
この場合、上記の二つの葡萄品種を世界で初めて混醸して作られたことより名付けられた。

感想:
初日から4日経っても変化が少ない(つまり寿命が長いということ)。
歯茎の裏にギシギシ来るタンニンは少しまろやかになったが、
豊かな甘みと、その後にくるさわやかな酸味のバランスが良い。
樽の香りと、ミントのような香り。旨い!
最低でも15年は持ちそう。


スポンサーサイト



2006年04月21日 22:37 | ワイン | コメント:1 | トラックバック:0 | Top↑

管理者だけに観覧

TRACK BACK URL
→http://junwine.blog63.fc2.com/tb.php/6-ed8c381c